炭水化物ダイエットで起こる「体臭」対策

炭水化物ダイエットをすると体臭がきつくなると聞いたことはありますか?その原因は、体内で脂肪が分解され脂肪酸が生成されるときに発生するケトン体。ケトン臭は脂肪が代謝されている証です。とはいえやはり気になりますよね。体臭対策に有効な方法をまとめました。

「体臭」対策

監修:
24/7Workout パーソナルトレーナー
岸本拓(Kishimoto Taku) 年齢:25歳 身長:176cm 体重:64〜66kg

今では週に5日のトレーニングを行い、野菜と肉、魚を中心とした食事を心がけ、自分自身でボディメイクに本気で取り組んでいるトレーナー。
培った知識と経験を元に、炭水化物をコントロールする食事法、また個人に合ったトレーニング指導を行い、多くのダイエッターを理想の体型に導く。

炭水化物ダイエットで体臭がおきるメカニズム

炭水化物ダイエットを始めてから、何だか体臭が気になってきた…。この時、体の中では一体何が起こっているのでしょうか? いつもと違う体臭が発生するメカニズムについてご説明します。

(1)食事から炭水化物を完全にカットすると

炭水化物ダイエットを始めて数日経つと、それまでエネルギー源としていた糖が不足するため、体はエネルギーを生み出すために脂肪を活用しようとします。そこで、体内の中性脂肪を脂肪酸へと分解し、“ケトン体”という物質を糖の代わりにエネルギー源とするようになります。

(2)ダイエットで発生するに発生する「ケトン臭」

脂肪を分解して作られるケトン体が血液中に増加すると、そのにおいが口臭や体臭として感じられるようになる場合があります(ニンニクなど、においの強いものを大量に食べた時のことをイメージすると分かりやすいかと思います)。 ケトン体によって発生する口臭や体臭は「ケトン臭」「ダイエット臭」などと呼ばれます。

ケトン臭のにおいとは?

「ケトン臭」「ダイエット臭」は甘酸っぱいにおいと言われています。油や汗のようなにおいと形容されることもあります。 人の嗅覚は同じにおいを嗅ぎ続けていると麻痺してしまう性質を持っており、自分が発しているダイエット臭に慣れてしまって気づかない場合もあるため、注意が必要です。

ダイエット臭対策まとめ

対策として、体を洗う時にボディーソープを使用しているなら石鹸に切り替えてみるのがおすすめです。弱酸性のボディーソープより、アルカリ性の石鹸の方が体臭を抑えてくれる効果が高いためです。 その他、効果のあるダイエット臭対策をご紹介します。

石鹸

アルカリ性の食品を選んで摂ろう

脂肪を分解してエネルギーに使っている間、体は普段より酸性に傾いています。甘酸っぱいにおいを発生させないために、意識してアルカリ性の食品を多めに摂るようにしましょう。
大きく分けると野菜、海藻類、きのこ類、豆類、お茶類がアルカリ性食品にあたります。いくらアルカリ性であると言っても上記の食品群には糖質が多いものも含まれますので、その点には注意してください。葉野菜や梅干し、ひじき、大豆などは炭水化物ダイエット中にもおすすめのアルカリ性食品です。

柿渋エキス入り石鹸

渋柿の果汁を発酵させて作る柿渋には豊富なタンニンが含まれています。柿タンニンはにおい成分と結合することで悪臭を元から断つ高い消臭効果を持っています。また、殺菌・防菌作用にも優れており、嫌なにおいを発生させる汗成分の分解・発酵を抑えてくれる効果があります。
柿渋エキス入りの石鹸はドラッグストアや通販などで比較的リーズナブルに手に入るので、試してみるのも良いでしょう。

クレイ成分入りパック

クレイ(天然粘土)には汚れを吸収・吸着する作用や除菌・消臭作用があります。
そのため、クレイ成分の入ったパックは汗や皮脂などを吸着して体臭を防いでくれる効果があります。 顔に使うタイプの他、意外とにおいやすい頭皮に使うタイプも発売されています。

炭成分で殺菌

炭もクレイと同じような働きをしてくれる消臭アイテムのひとつです。皮脂や汚れを吸着し、雑菌の繁殖を防ぐことで体臭を抑えてくれます。
炭成分が配合されたグッズとしては、石鹸やシャンプー、入浴剤、寝具、クローゼットの消臭剤などが発売されています。用途に合わせて選んでみてください。

体の中から消臭するサプリメント

消臭成分が含まれたサプリメントを飲むことで口臭や体臭を抑えるのも有効な方法です。
先ほどご紹介した柿渋の他、脱臭効果の高いクロロフィルやシャンピニオン、体の酸化を抑えるビタミン、体内をアルカリ性に傾けてくれるクエン酸など、さまざまなタイプの消臭成分が配合されたサプリメントがあります。 どの成分と相性が良いかは体質による部分もあるため、同じくダイエット臭に悩んでいる人の口コミなどを参考にすると良いでしょう。

ダイエット臭は危険信号!?

炭水化物ダイエットを行う際の体臭対策についていろいろとご紹介してきましたが、ダイエット臭がするのは悪い兆候なのでしょうか? ダイエット臭(=ケトン臭)がするのは糖質制限ダイエットのカギとなる“ケトン体”がきちんと機能し始めた証拠という見方もできるため、一概に悪いこととは言えません。
本当に危険なのは、炭水化物を抜くだけのダイエットを続けることでリバウンドしやすい体になってしまうこと。
リバウンドを防ぐには、食事制限とともに適度な運動を行うことで筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることが大切です。 でも、難しいのがこの“適度な”運動という点です。体格や体力、基礎代謝はひとり一人違うものなので、どの程度の運動をするべきなのか判断がつかない人が大多数であることと思います。
そんな時は、自分に合った食事方法や運動について親身になってアドバイスをしてくれるパーソナルジムに通うのがおすすめです。 自己流で間違ったダイエットをするよりも、専門家の力を借りること。健康を損なうことなく効果的な痩せ方ができるため、一石二鳥と言えます。

いかがでしたか?
よかったら「いいね」をお願いします

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

自己流ダイエットは
リバウンドに注意

ただ食事を減らすだけのダイエットを行うと筋肉が減り、基礎代謝が落ちることで太りやすい体質に。美しく痩せるには、トレーニングと上手な食事コントロールが必要です。24/7ワークアウトでは食事提供付き「食べられるダイエット」指導しています。

関連コンテンツ一覧