女性のためのダイエットジム選び

ダイエットのためにジムを探している女性のために、ジム選びのポイントや、おすすめのメニューをまとめました。効果がでなくてジム通いをあきらめてしまった経験のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダイエットジム

監修:
24/7Workout パーソナルトレーナー
岸本拓(Kishimoto Taku) 年齢:25歳 身長:176cm 体重:64〜66kg

今では週に5日のトレーニングを行い、野菜と肉、魚を中心とした食事を心がけ、自分自身でボディメイクに本気で取り組んでいるトレーナー。
培った知識と経験を元に、炭水化物をコントロールする食事法、また個人に合ったトレーニング指導を行い、多くのダイエッターを理想の体型に導く。

女性におすすめのダイエットジムとは

ダイエットのためにジムに通いたい場合、選び方のポイントとして以下の項目があげられます。

場所
自宅の近く、通勤経路内など。気軽に足を運べることは、ジム通いを継続する上でとても大切なポイントです。
サービス
利用したいスタジオプログラムやマシーンはあるのかなど事前に確認しましょう。ただサービスが充実しているほど、料金は高くなる傾向があります。
設備
施設は清潔に保たれているか、管理やメンテナンスが行き届いているかなど。
料金体系
平日利用や、夜の時間帯のみ利用など、様々な料金プランを設定しているジムもあります。あなたのライフスタイルにあった料金プラン、価格帯を検討してみましょう。
利用者の年齢層
どのような客層なのか、利用者の年齢層や男女比などを見て、自分にあった雰囲気かどうかを確認しましょう。
営業時間
夜遅くまで営業しているのか、土日や祝日も通えるのか、定休日やメンテナンス日の頻度など、あなたの利用したい時間帯に合っているかを確認しましょう。

以上のチェックポイントの中で、あなたが重要視したいものはどれでしょうか? 例えば多少金額が高くても、駅近で通いやすいジムが良いのか。仕事帰りに通えるよう、遅くまで営業しているところが良いのか。ジム友だちを作りたいので、同世代の利用者が多いところが良いのか。自分の中で優先順位を決めておくと、スムーズなジム選びに繋がります。

ジムの特色を見極めよう

公営ジムの特色

市や区が経営しているスポーツ施設の一角にあるタイプのジム。公営のため、2時間で数百円程度といった安さが魅力です。しかし設備のレベルは低く、きちんとしたトレーニングを積みたい方にはあまり向きません。マシーンの種類や重量が少なかったり、数が十分でなかったりします。またトレーナーもいないことが多く、いたとしても学生のアルバイトスタッフレベルの場合が多いため、プロからの指導は期待できません。利用者は、高齢者が多い傾向にあります。気分転換に運動をしたい方、軽めの筋トレをしたい方向けの施設です。

会員制ジムの特色

月会費で利用するタイプのジムです。多くの会員制ジムが、使う時間帯や利用する設備によって様々な料金プランを設定しています。平日のみ利用、トレーニングルームのみ利用、スタジオプログラムのみ利用など、時間や設備に制限があるほど会費も安くなります。ジムを利用したい目的やライフスタイルに合わせプランを選べるのが特徴です。 公営ジムに比べマシーンなどの設備ははるかに充実しており、トレーニングをサポートしてくれるスタッフも常駐しています。追加料金にて個人トレーナーをつけられる場合もあります。ただしその指導レベルはまちまちです。どのトレーナーも最低限のトレーニング知識はありますが、栄養面や本格的な体づくりの知識・経験まで持っている場合と、そうでない場合があるため、料金に見合ったトレーナーかどうかを事前によく確認しましょう。

プライベートジムの特色

プロの個人トレーナーがついて、ジムに通うことの目的や目標に合わせ、長期間のメニューを作成してくれます。その人にあったトレーニング方法や、食生活の指導まで、すべてをサポートしてくれるため、短期間で成果をあげやすいのが特徴です。個室のトレーニングルームなので、周りの目を気にせず、自分のペースでトレーニングに集中することができます。ジムの設備利用に対してではなく、専属トレーナーの指導に対して支払う料金体系となっています。

ジムでやるべきメニューは?

女性のダイエットこそ筋トレが大事です。女性は男性に比べもともとの筋肉量が少ないので、筋肉を増やすことで消費カロリーをアップすることができ、脂肪を燃焼しやすい体質になりま

女性におすすめの筋トレメニュー

まずは大きな筋肉から鍛えるのがおすすめです。以下にオススメのトレーニング方法やマシーンを紹介していきます。

レッグプレス

レッグプレスは下半身の筋肉を鍛え、脚の引き締めやヒップアップ効果を期待できるマシーンです。足のセッティングの仕方次第で大臀筋やハムストリングス、大腿四頭筋といった様々な筋肉を鍛えることができます。下半身の筋肉量が増えるため、代謝も上がり、全身のダイエット効果を期待できるでしょう。

アブドミナルクランチ

腹筋をしっかり鍛えるのに役立つマシーンです。通常の腹筋は腰回りに負担が掛かりやすく、特に初心者は腰を痛めがち。アブドミナルクランチは腰の動きを最小限に抑えられるため、安全に腹筋を鍛えることができます。

プランク

プランクとは板という意味。体を板のようにまっすぐに保ち、体幹の筋肉を鍛えるトレーニング方法です。マシーンや器具は使わないため、いつでもどこでもできるトレーニングとなっています。腹筋や背筋だけでなく、内転筋、臀筋も同時に鍛えられるため、初めはキツく感じるかもしれません。しかし体の奥深くにあるインナーマッスルを鍛えられるので、重心の安定化、姿勢改善、ぽっこりお腹の解消も期待できます。体の機能を根本から改善させる、とても有効な筋トレです。

サイドベンド

サイドベンドは身体の側面、わき腹の筋肉を鍛えることができるトレーニング方法です。お腹周りの脂肪が気になる方にオススメのトレーニングで、ダンベルさえあれば自宅でも行うことができます。腹斜筋が鍛えられ、ウエストに女性らしいくびれができ、美しい体のラインづくりに役立ちます。

トライセプスキックバック

二の腕を引き締めたい女性にオススメのトレーニング方法です。片手にダンベルを持ち、もう片方の手とひざをベンチなどの台の上に乗せます。ダンベル側の腕を曲げ、上腕が地面と平行になるようにします。最後にひじの位置を固定したまま腕を伸ばして、身体の後ろ側にダンベルを持ち上げます。気になる二の腕のふりそでを引き締めるのにとても効果的なトレーニング方法です。

筋肉を付けたいところによってトレーニングのメニューは多様にあるので、初心者はインストラクターが相談にのってくれる会員制のジムがおすすめです。

トレーニング

専属トレーナーがついてくれるパーソナルジムのメリット

身体のどこの部分を痩せたいのか、もともとの基礎代謝や筋肉量などによって、必要なトレーニングは異なるもの。パーソナルジムなら、専属トレーナーがあなたにピッタリのトレーニングやプログラムを提案してくれます。食事指導も一緒に行うためダイエット効果がでやすく、張り合いがあり、続けやすいメリットもあります。短期間で効果的なダイエットを実現したい方は、パーソナルジムを検討してみましょう。

いかがでしたか?
よかったら「いいね」をお願いします

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連コンテンツ一覧